links

categories

archives

何がヘイトスピーチに当たるのですか(デモ分析)



 ヘイトスピーチを監視しよう、と呼びかけている割には、「じゃあ何がヘイトスピーチなのか」という話を深める時間が十分に取れないまま、ヘイトデモ当日を迎えようとしています。
 

 これはいけんじゃろ!ということで、法務省のHPに載っている「ヘイトスピーチに関する実態調査報告書」(平成28年3月)を参考にして、ヘイトスピーチの定義や現在のデモの実態を紹介したいと思います。
 

報告書のPDFは法務省サイト(一番下のほう)↓からダウンロードできます。
http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken04_00108.html
 

■ヘイトスピーチの定義
 

この報告書では、法務省人権擁護局の啓発活動で使われている定義「特定の民族や国籍の人々を排斥する差別的言動」を念頭に置きつつ、一般にヘイトスピーチだと指摘されることの多い以下の3つの発言内容を抽出しています。


(1) 特定の民族等に属する集団を一律に排除する内容(例えば、特定の民族等について一律に「日本から出て行け」などとするもの)

(2) 特定の民族等に属する集団の生命、身体等に危害を加えるとする内容(例えば、特定の民族等について「皆殺しにしろ」などとするもの)

(3) 特定の民族等に属する集団を蔑称で呼ぶなどして殊更に誹謗中傷する内容


 この3種類の発言が、報告書で調査対象となる「ヘイトスピーチ」ということになります。


■デモ中6.3分に1回のヘイトスピーチ(頻度分析)
 

報告書の調査は、ヘイトスピーチを伴うデモ等の動画72件分を文字起こしして、さきほどの(1)〜(3)の発言を抽出して分析しています。
 

その結果、デモ中のヘイト発言の頻度としては平成25年は「約6.3分に1回」という結果が出ています。(動画再生時間合計1,095分のうち、ヘイトスピーチ回数175回)

ちなみに前年の平成24年のヘイトスピーチ頻度は「約3.2分に1回」です。どれほどの頻度でヘイト発言が繰り返されているかがよく分かると思います。
 

■数十人の中年男性らが排斥や蔑称を叫ぶ(状況分析)


調査ではさらに、天候、参加者の性別、年齢、規模などデモの状況を細かく分析しています。結果は概ね以下の通りです。


・ヘイト発言のうち75%が「特定の民族に属する集団を排斥する」内容のもの

・規模は100人未満が51%、100〜199人が32%、200人以上は15%

・男女で参加者の多かったほうの性別は男性が100%、年齢層は中年(30〜50歳代)が94%
 

特に2015年のデモデータに限れば、
・ヘイト発言の多くは特定民族の「排斥」や「蔑称」に関する内容で、参加規模は100人未満、中年男性の参加者が多い
 といった感じになると思います。


声に出して読む「岡山県ヘイト対策意見書」

まあ声に出さなくてもいいですけど(笑)。

岡山県議会は昨年12月、ヘイトスピーチへの対策を進めるよう国へ求める意見書を出しています。これは県民の請願を受けて実現したもので、県民の声とも言えます。

法務省からヘイトスピーチ中止勧告を受けている桜井(本名高田)誠氏も参加する17日の岡山デモ。その前に、県民の思いをゆっくり読んでみるのも、悪くないかもしれません。以下、全文を紹介します。

岡山県のHPでも原文をみられます。
http://www.pref.okayama.jp/site/gikai/454360.html

  --------------------------------------------------------

ヘイトスピーチに対する取り組みの充実強化を求める意見書

 近年、一部の国や民族あるいは特定の国籍の外国人を排斥する差別的言動(ヘイトスピーチ)が、社会的関心を集めている。

 昨年7月、国連自由権規約委員会は、「あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約(人種差別撤廃条約)」上の人権または社会上の差別に該当する差別的言動の広がりに懸念を示し、締約国である我が国に対し、このような差別的言動に対処する措置をとるべきとの勧告を行った。

 さらに、翌8月には、国連人種差別撤廃委員会も、わが国に対し、法による規制を行うなどのヘイトスピーチへの適切な対処に取り組むことを強く求める勧告を行っている。

 また、同年12月、最高裁判所は、特定の民族・国籍の外国人に対する発言に関係する事件について違法性を認めた下級審判決を認める決定を下した。

 国際化がますます進展する中で、国際人権規約や人種差別撤廃条約で保障された外国人の人権を尊重するとともに、互いの文化的違いを認め合い、ともに生きていく多文化共生社会を実現していくことが求められている。

 国におかれては、表現の自由に十分配慮しつつも、ヘイトスピーチに対する取り組みを充実強化し、実効性のある対策を早急に講ずるよう要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 平成27年12月22日

 岡山県議会議長 小野 泰弘

 内閣総理大臣 あて
 法務大臣
 衆議院議長
 参議院議長
 

17日、ヘイトスピーチを監視しませんか(岡山)



各地でヘイトスピーチ(差別扇動表現)をしている人々によるデモと街頭宣伝が4月17日、岡山市街地でも行われます。岡山県民のよっしーという人が主催者です。彼が岡山県内で主催するデモは2014年以来2回目です。

在日外国人、生活保護者などを排除しろと煽(あお)ることで自分の存在意義を確認する人たち。彼らは、自分たちを「行動する保守」と呼んでいます。ネット上でつながっている集団なので「ネット右翼」と呼ぶ人もいます。全国に類似の団体があり、各地のデモへお互いが遠征することで、デモでは数人から数十人規模の団体を形成します。岡山デモにも県内外の保守グループが遠路はるばる集合すると聞いています。

私は仕事上多くの外国籍の人と接しながら生活しているので、暴力的なヘイトスピーチの吐かれている場面や、それに怒りを感じながらも怖くて反対できず、深く絶望する少数派の人たちに会ってきました。なので、今回は普段から国際交流活動をしている知人と連絡を取り合い、十数人で会議を開き、このデモを監視・抗議(カウンター)するイベントを呼び掛けることにしました。

ヘイトスピーチをする人は、自分の主張が正しければ人を傷つけても仕方がない、と思っています。人を傷つける快感を得るために自分の主張を正当化している人もいるでしょう。そんな思考回路で頭を正当防衛している人は、見知らぬ他人が何を言っても、なかなか心まで響かないと思います。本当は、身近な親や兄弟、友達、妻や夫、上司や同僚が「人を傷つけることをしてはいけない」と言わなければいけないのだと思います。でも、そういう人が身近にいないことも現代社会には多いです。そんなとき、どうすればいいんでしょうか。

   □   ■

人の中には抑えがたい暴力性と、それを刺激してやまない孤独や虚しさがあると思います。人は集団の中で生きることになったそのときから、自分の暴力性や孤独で他人を傷つけないよう、衝動を自己処理していくことが大きな課題になります。自分や身近な人だけではそれが抑えきれない、というときは、さらにその周りがいくらか協力する責任があるんじゃないか、と私は思います。

なぜこんな話をするかというと、デモ主催者の直接の知人から聞き取りなどをする中で、彼の普段の姿を少し知ったからです。

攻撃を受けている外国籍やマイノリティーの人に、デモ主催者の強く深い「業」を受け止めろと言っても、それは酷な話です。だからこそこのデモは、彼らのヘイトスピーチを聞いても精神的被害を受けにくい人間が参加し、対峙(たいじ)しなければいけないと思っています。

   □   ■

一人でも多くの県民の方に、このデモの監視に来てほしいと思っています。世の中には、醜いと思っていても受け止めなけばいけないものがあります。それは同じ社会で生きている結果として出てきているものだから。私も(デモが中止にならない限りは)当日参加して、監視行動をする予定です。みなさんももし予定が合えば、ぜひ参加してください。立っているだけでもよいです。
 
私たちが生み出している社会の暴力性を、その場で一緒に受け止めてみましょう。

ヘイトスピーチを監視しよう・おかやま(4月17日)告知ページ
https://www.facebook.com/events/484441081756953/

【注意】デモは予告なく中止されることがあります。デモ中止の告知はこちらで行われると思いますので、ご確認ください。
http://ameblo.jp/yosshiejapan/
 

ユリヤバイオリンアカデミー



多文化ビジネスin岡山第6弾は、「ウクライナの太陽」と呼んでもいいほど陽気なユリヤ・ジュルベンコさんのバイオリン教室を紹介します。
 

ユリヤさんは、私と知り合った時にはまだ地域の楽器店やカルチャー教室で講師をしていました。ロシアとウクライナで習得した高い技術と、松岡修造も一目置きそうな熱意あふれる指導が大人気で、生徒(というかファン)はどんどん増えているところでした。
 

「教え子を日本や世界の舞台に立つところまで連れていきたい」と大きな夢を持ち、その通りに全国コンクールの本選まで行く子も出てきたところで、なんと施設を借りて、自分の教室も開いてしまいました。志に向かって真っすぐにビジネスを展開する姿は、私からみるとまぶしい限りです。私の小さな事務所はあっという間に追い越されてしまいました(笑)。
 

 そのユリヤさんが「生徒の人が協力してくれてステキなホームページができたので、ぜひ見てください!」と連絡をくれたので、見てみました。

http://www.yuliya-violin-academy.com/index.html
 

 おおー、さすが格調高い。いきなりバイオリンでアナ雪の曲が流れてくる〜。
 

 なんだかフィギュアスケートでよくみる、ロシアの名コーチのようだなと思いました。彼女のそばにいるだけで、エネルギーをもらえるんですよね。興味のある人は、ぜひ挑戦してみてください。熱血指導を受けるだけでも、かなり楽しいと思いますよ。
 

ユリヤ バイオリン アカデミー
岡山市東区城東台西 2-7-11

http://www.yuliya-violin-academy.com/access.html


| 1/1PAGES |