links

categories

archives

行政書士法の英語訳(暫定版)を公開

いよいよ法務省から、行政書士法の英語訳(暫定版)が出てきました。

行政書士は、Certified Administrative Procedures Legal Specialistです。頭文字を取ればCAPLS(カプルス)か…。将来は国際的呼称としてカプルスと呼ばれたり…しないですね(笑)。


 行政書士法(暫定版)
Certified Administrative Procedures Legal Specialist Act (Tentative translation)

昭和二十六年二月二十二日法律第四号
Act No. 4 of February 22, 1951
目次
Table of contents
第一章 総則 (第一条―第二条の二)
Chapter I. General Provisions (Article 1 to 2-2)
第二章 行政書士試験 (第三条―第五条)
Chapter II. Certified Administrative Procedures Legal Specialist Examinations (Article 3 to 5)
第三章 登録 (第六条―第七条の三)
Chapter III. Registration (Article 6 to 7-3)
第四章 行政書士の義務 (第八条―第十三条の二)
Chapter IV. Obligations of Certified Administrative Procedures Legal Specialist (Article 8 to 13-2)
第五章 行政書士法人 (第十三条の三―第十三条の二十一)
Chapter V. Certified Administrative Procedures Legal Specialists Corporations (Article 13-3 to 13-21)
第六章 監督 (第十三条の二十二―第十四条の五)
Chapter VI. Supervision (Article 13-22 to 14-5)
第七章 行政書士会及び日本行政書士会連合会 (第十五条―第十八条の六)
Chapter VII. Certified Administrative Procedures Legal Specialists Association and Japan Federation of Certified Administrative Procedures Legal Specialists Associations (Article 15 to 18-6)
第八章 雑則 (第十九条―第二十条)
Chapter VIII. Miscellaneous Provisions (Article 19 to 20)
第九章 罰則 (第二十条の二―第二十六条)
Chapter IX. Penal Provisions (Article 20-2 to 26)
附則
Supplementary Provisions
第一章 総則
Chapter I. General Provisions
(目的)
(Purpose)
第一条 この法律は、行政書士の制度を定め、その業務の適正を図ることにより、行政に関する手続の円滑な実施に寄与し、あわせて、国民の利便に資することを目的とする。
Article 1 The purpose of this Act is to specify the system of Certified Administrative Procedures Legal Specialist and to ensure the appropriateness of business, so as to contribute to the smooth enforcement of administrative procedures, and also to contribute to the convenience of citizens.
(業務)
(Business)
第一条の二 行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類(その作成に代えて電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によつては認識することができない方式で作られる記録であつて、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。以下同じ。)を作成する場合における当該電磁的記録を含む。以下この条及び次条において同じ。)その他権利義務又は事実証明に関する書類(実地調査に基づく図面類を含む。)を作成することを業とする。
Article 1-2 (1) A Certified Administrative Procedures Legal Specialist is a person, at the request of other persons and obtaining remuneration from them, who is engaged in the business of preparing a document to be submitted to a public agency ((including an electromagnetic record; the same shall apply to this Article and the next Article (meaning a record made in an electronic form, a magnetic form, or any other form not recognizable to human perception, which is used in information processing by computers; the same shall apply in the following) in lieu of preparation of such a document) and other documents (including drawings based on on-the-spot examinations)) relating to rights, duties or the certification of facts.
2 行政書士は、前項の書類の作成であつても、その業務を行うことが他の法律において制限されているものについては、業務を行うことができない。
(2) A Certified Administrative Procedures Legal Specialist cannot, notwithstanding the preparation of a document set forth in the preceding paragraph, conduct this business if restricted from doing so by any other Act.
第一条の三 行政書士は、前条に規定する業務のほか、他人の依頼を受け報酬を得て、次に掲げる事務を業とすることができる。ただし、他の法律においてその業務を行うことが制限されている事項については、この限りでない。
Article 1-3 A Certified Administrative Procedures Legal Specialist may, in addition to the business provided for in the preceding Article, at the request of other persons and obtaining remuneration from them, conduct the business listed below; provided, however, that this shall not apply to matters that are restricted by any other Act:
一 前条の規定により行政書士が作成することができる官公署に提出する書類を官公署に提出する手続及び当該官公署に提出する書類に係る許認可等(行政手続法(平成五年法律第八十八号)第二条第三号に規定する許認可等及び当該書類の受理をいう。)に関して行われる聴聞又は弁明の機会の付与の手続その他の意見陳述のための手続において当該官公署に対してする行為(弁護士法(昭和二十四年法律第二百五号)第七十二条に規定する法律事件に関する法律事務に該当するものを除く。)について代理すること。
(i) To represent acts to be conducted (excluding however, what falls on the legal services concerning legal cases provided for in Article 72 of the Attorney Act (Act No. 205 of 1949)) against the relevant public agency as to the submission procedures of documents that a Certified Administrative Procedures Legal Specialist is allowed to prepare pursuant to the provisions of the preceding Article, application procedures for granting an opportunity for hearing or explanation in relation to permissions, etc. about the document submitted to the relevant public agency (meaning the permissions, etc., approvals, etc. and acceptance of documents provided for in Article 2, item (iii) of the Certified Administrative Procedures Act (Act No. 88 of 1993)), and other application Procedures for statements of opinions;
二 前条の規定により行政書士が作成することができる契約その他に関する書類を代理人として作成すること。
(ii) To prepare, as a representative, documents involved in contracts and others that a Certified Administrative Procedures Legal Specialist is allowed to prepare pursuant to the provisions of the preceding Article; and,
三 前条の規定により行政書士が作成することができる書類の作成について相談に応ずること。
(iii) To provide consultations for the preparation of documents that a Certified Administrative Procedures Legal Specialist is allowed to prepare.
第一条の四 前二条の規定は、行政書士が他の行政書士又は行政書士法人(第十三条の三に規定する行政書士法人をいう。第八条第一項において同じ。)の使用人として前二条に規定する業務に従事することを妨げない。
Article 1-4 The preceding two Articles shall not preclude a Certified Administrative Procedures Legal Specialist from carrying out his/her business provided for in the preceding two Articles, as an employee of another Certified Administrative Procedures Legal Specialist or a Certified Administrative Procedures Legal Specialists Corporation (meaning Certified Administrative Procedures Legal Specialists Corporation as set forth in Article 13-3 hereof; the same shall apply to Article 8, paragraph (1) hereof).
(資格)
(Qualifications)
第二条 次の各号のいずれかに該当する者は、行政書士となる資格を有する。
Article 2 Any person who falls under one of the following items is qualified to become a Certified Administrative Procedures Legal Specialist:
一 行政書士試験に合格した者
(i) A person who has passed the Certified Administrative Procedures Legal Specialist Examination;
二 弁護士となる資格を有する者
(ii) A person who is qualified to be an Attorney at law;
三 弁理士となる資格を有する者
(iii) A person who is qualified to be a Patent Attorney;
四 公認会計士となる資格を有する者
(iv) A person who is qualified to be a Certified Public Accountant;
五 税理士となる資格を有する者
(v) A person who is qualified to be a Tax Accountant; or,
六 国又は地方公共団体の公務員として行政事務を担当した期間及び特定独立行政法人(独立行政法人通則法(平成十一年法律第百三号)第二条第二項に規定する特定独立行政法人をいう。以下同じ。)又は特定地方独立行政法人(地方独立行政法人法(平成十五年法律第百十八号)第二条第二項に規定する特定地方独立行政法人をいう。以下同じ。)の役員又は職員として行政事務に相当する事務を担当した期間が通算して二十年以上(学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)による高等学校を卒業した者その他同法第九十条に規定する者にあつては十七年以上)になる者
(vi) A person who has taken charge of administrative affairs as a government employee of a national or local government, and an officer or an employee of an Incorporated Administrative Agency (the Incorporated Administrative Agency designated in Article 2, paragraph (2) of the Act on General Rules for Independent Administrative Agencies (Law No. 103 of 1999), this shall also apply hereinafter) or of a Local Incorporated Administrative Agency (the Local Incorporated Administrative Agency designated in Article 2, (2) of the Act on General Rules for Local Independent Administrative Agencies (Law No. 118 of 2003), for a period in total of not less than twenty years (or, in the case of a graduate of a high-school as stipulated by the School Education Act (Act No. 26 of 1947) or a person designated by Article 90 of the same Act, seventeen years).



光復節/終戦記念日に寄せて


ウィキペディアによると、光復節(こうふくせつ)とは、朝鮮の大日本帝国(日本)からの独立を祝う大韓民国の祝日(8月15日)です。

日本側の目線では終戦(敗戦)の日ですが、韓国の側からいうと占領されていた母国が権利を回復した喜びの日だということです。この祝日は別に日本への当てつけではなく、対立した2者の目からは、同じ事実が全く逆にとらえられているということだと思います。 

ところで、在日社会でも光復節の記念行事が毎年行われていますが、その内容は過去の戦争の思い出を呼び起こすようなものではなく、在日コリアンの人たち同士が親睦を深める夏祭りのような、歌あり、踊りあり、抽選会ありの、温かさを持ったイベントとなっています。

マイノリティーの人たちが集団で何かしていると、何かとマジョリティー(日本人)の人は危機感を持ったり怪しんだりするようですが、実はマイノリティーの人たちが守りたいのはこの「温かさ(心の平和)」なのだろうと思います。

日本人の靖国神社参拝も、多くの人にとってはただ静かに戦没者に思いをはせて弔いをしたいと思っているだけかもしれません。

そんな行事を政治と結びつけてみようとする人がいたり、自分の国への当てつけではないかと疑心暗鬼になる人がいると、多くの人のささやかでやんわりとした気持ちは置いてきぼりになるのではないかな、と思います。

そういうことを感じながら、今年の岡山での光復節イベントを楽しませていただきました。ありがとうございました!

韓国人同士は日本で協議離婚できますか

2004年までは、日本の役所で協議離婚しても有効でした。現在は韓国人同士が協議離婚する場合には、韓国総領事館で手続きを行い、関係書類を提出することになっています。

ちなみに、日本人と離婚する場合は日本の役所での協議離婚が有効に成立します。

民団さんが分かりやすいQ&Aを出しているので、紹介します。


また、2013年8月現在の総領事館の情報をここに掲載しておきます。



民法改正(2007.12.21.法律第8720号)によって、2008.6.22.より協議離婚の手続きに、 離婚に関する案内と相談勧告、 離婚熟廬期間(離婚の案内を受けた3ヶ月後に離婚意思確認)、 未成年である子女がいる場合、養育と親権者決定に関する協議書(または審判定本)の事前提出義務が導入されました。

したがって、在外国民が領事館に協議離婚意思確認申請する場合、子どもの養育と親権者の決定に関する協議書(未成年の子どもがいる場合にのみ該当)、離婚熟廬期間の兔除(短縮)事由書を追加で提出しなければならなくなったことをお知らせいたします。

子どもの養育及び親権者の決定に対する協議書の未提出、または提出遅延時には、協議離婚意思の確認が遅延や不確認となることがありますのでご注意下さい。


 *例規の改訂で、2004.9.20.以後からは、協議離婚をする場合には、必ず夫婦が一緒に総領事館を訪問して協議離婚意思の確認を担当領事の前で受けなければなりません。

 *その他具体的な手続きについては、担当職員が案内します。 

【離婚申告具備書類】

1.韓国人同士の離婚申告

日本で協議離婚申告をする場合

  ○協議離婚意思確認申請書 1部(領事館配布)

  ○離婚申告書 3部(領事館配布)

  ○当事者双方の在外国民登録簿謄本 各1部

  ○当事者双方の婚姻関係証明書及び家族関係証明書 各1部(領事館で発給可能)

  ○当事者双方の身分証(外国人登録証、パスポートなど)

  ○当事者双方の印鑑(もしくは、署名も可能)

  ○子どもの養育と親権者の決定に関する協議書 3部

  ○離婚熟廬期間の兔除(短縮)事由書 1部


(注意)2004年(平成16年)9月19日までに日本の市役所や区役所で協議離婚申告された場合

   ○ 離婚申告書 1部(領事館配布)

   ○ 日本の市役所や区役所で發給した離婚受理証明書及びその翻訳文 各1部

  (専門家による翻訳が必要なのではなく、どなたが翻訳されたものでもかまいません)  

   ○ 当事者双方の婚姻関係証明書及び家族関係証明書 各1部(領事館で発給可能)

   ○ 当事者双方の身分証(外国人登録証、パスポートなど)

   ○ 当事者双方の印鑑(もしくは、署名も可能)


2. 韓国人と日本人同士の離婚申告

  ○離婚申告書  1部(領事館配布)

  ○日本の市役所や区役所で発給した離婚受理証明書または日本戸籍謄本及びその翻訳文 各1部

  (専門家による翻訳が必要なのではなく、どなたが翻訳されたものでもかまいません)  

  ○韓国人当事者の婚姻関係証明書及び家族関係証明書 各1部(領事館で発給可能)

  ○申告人の身分証(外国人登録証,パスポートなど)

  ○申告人の印鑑(もしくは、署名も可能)


▶ 上記の内容は協議離婚に関するものです。


▶ その他に、日本の裁判所で離婚判決を受けた場合には、判決書謄本、判決確定証明書及びその翻訳文を添付して離婚申告ができます。また離婚に関して調停や和解が成立された場合にも調書謄本及びその翻訳文を添付して離婚申告ができます。

| 1/1PAGES |