links

categories

archives

外国人看護実習生からの報告

  外国人支援団体「コムスタカ‐外国人と共に生きる会」が、インドネシア看護師候補者の給与一部未払い問題の解決のお知らせと、本人の報告が載ったサイトを公開しました。

http://www.geocities.jp/kumustaka85/2011.08.19inndonesiaikanngosikouhosya.htm

 給与18万円のところ12万円しか支払われず、国家試験に落ちて帰ってしまえば泣き寝入りするしかないという、実習生の追いつめられた状況がよく分かります。


 2国間協定のEPAによって実習と称して来日したフィリピン、インドネシア等の看護師、介護師候補者は、国家試験の日本語が難しすぎるため試験の合格率が著しく低く、対策として英語の問題もつくるようになったとニュースで聞いていました。でもそれは試験の一部分にすぎない、ということも、私はこの報告で初めて知りました。


 EPA看護師・介護師候補の受け入れが検討されていたころは、従来の技能実習制度が問題視されていました。その技能実習制度を管轄するJITCO(国際研修協力機構)は、法務省(入管も管轄してます)の官僚が天下っていたところです。


 今回のEPA実習生はJITCO ではなく、別団体のJICWELLS(国際厚生事業団)が管轄しています。ここは厚生労働省からの官僚の天下り先とか。


 病院、行政官僚の都合が優先された結果、実習生にどんなしわ寄せがいっているのかがよく分かります。


□   ■

 

続きを読む >>

| 1/1PAGES |