links

categories

archives

医療目的の特定活動1月に新設

 

法務省報道発表資料

平成22年12月17日
法務省入国管理局

国際医療交流促進のための在留資格の整備等について

http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri06_00010.html

 法務省は,平成22年12月17日,病院等に入院して医療を受けるため長期間我が国に滞在する外国人患者について,長期滞在可能な在留資格を付与することなどを内容とする「特定活動告示」の一部改正等を行いました。

1 改正の趣旨

 我が国で医療を受けようとする外国人は,従来,「短期査証(ビザ)」を取得し,在留資格「短期滞在」により入国するのが通例でしたが,医療目的のビザが ないため分かりにくいとか,長期間医療を受ける場合に日数が足りないといった指摘・要望がありました。
 平成22年6月に閣議決定された「新成長戦略」において,アジア等で急増する医療ニーズに対し,我が国の医療の強みを提供しながら国際医療交流を促進す るための取組の一環として,「いわゆる『医療滞在ビザ』を設置し,査証・在留資格の取扱を明確化して渡航回数,期限等を弾力化する」ことが盛り込まれまし た。
 今回の改正は,新成長戦略に基づき,我が国の医療機関に入院して医療を受けるため長期間滞在しようとする外国人患者及びその付添人について,在留資格 「特定活動」による入国・在留を可能とする措置等を講ずるためのものであり,外務省が新たに創設する「医療滞在ビザ」と合わせて,以上のような指摘・要望 に対応するものです。

2 改正の内容

(1) 外国人患者本人と付添人の在留資格の整備(特定活動告示の改正)

 在留資格「特定活動」に係る法務省告示に,我が国の病院等に入院して医療を受けるため長期間我が国に滞在する外国人患者とその付添人に関する規定を新設し,これらの者が在留資格「特定活動」により入国・在留ができることを明確にしました。
 なお,在留期間は原則として「6月」となります。
(注) 短期間の医療を目的とする外国人については,これまでと同様,在留資格「短期滞在」による入国となり,短期・長
  期いずれの場合も在留資格が明確になります。

(2)在留資格認定証明書の申請代理人の規定の整備(入管法施行規則の改正等)

 在留資格「特定活動」で入国する際に事前に取得する「在留資格認定証明書」の申請手続を,外国人患者本人や付添人に代わって,在日親族や入院する病院等の職員が行うことができることとしました。

3 施行日

 今回の措置に係る省令・告示の規定は,平成23年1月1日から施行されます。

医療滞在ビザを申請される外国人患者等の皆様へ(外務省)

http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/medical/patient.html

1.医療滞在ビザとは

 医療滞在ビザとは,日本において治療等を受けることを目的として訪日する外国人患者等(人間ドックの受診者等を含む)及び同伴者に対し発給されるものです。

(1)受入分野

 医療機関における治療行為だけでなく,人間ドック・健康診断から温泉湯治などの療養まで,幅広い分野が対象となりえます。

 受入れ分野は,日本の医療機関の指示による全ての行為(人間ドック,健康診断,検診,歯科治療,療養(90日以内の温泉湯治等を含む)等を含む)となります。

(2)数次査証

 必要に応じ,外国人患者等に数次有効の査証が発給されます。

 ただし,数次有効査証が発給されるのは,1回の滞在期間が90日以内の場合のみです。数次有効の査証を申請する場合には医師による「治療予定表」の提出が必要となりますので,身元保証機関を通じて入手してください。

(3)同伴者

 外国人患者等の親戚だけでなく,親戚以外の者であっても,必要に応じ同伴者として同行が可能です。

 同伴者については,必要に応じ,外国人患者等と同じ査証が発給されます。なお,同伴者は外国人患者等の身の回りの世話をするために訪日する方で,収入を伴う事業を運営し又は報酬を得る活動はできません。

(4)有効期限

 必要に応じ3年です。

 外国人患者等の病態等を踏まえて決定されます。

(5)滞在期間

 最大6ヶ月です。滞在期間は,外国人患者等の病態等を踏まえて決定されます。

 滞在予定期間が90日を超える場合は入院が前提となります。この場合,外国人患者等は,本人が入院することとなる医療機関の職員又は本邦に居住する本人の親族を通じて法務省入国管理局から在留資格認定証明書を取得する必要があります。

2.査証申請手続の概要

  1. (1) 日本の医療機関で治療を受けること等を希望する外国人患者等は,文末に記載した登録された身元保証機関(医療コーディネーター,旅行会社等)のリストを参 照し,同機関のいずれかに連絡し,受診等のアレンジについて依頼してください。(身元保証機関のリストは,現在作成中です。査証申請を希望する方は,受診 等のアレンジの依頼先について,最寄りの在外公館にお問い合わせください。)
  2. (2) 身元保証機関を通じて受入れ医療機関を確定し,身元保証機関から,「医療機関による受診等予定証明書及び身元保証機関による身元保証書」(必要に応じ,治療予定表も)を入手してください。
  3. (3) 在外公館における査証申請の際,外国人患者等は,以下の書類を提出してください。(同伴者については,以下のうちア〜ウ及びカを提出してください。)な お,外国人患者等が入院を前提として医療を受けるために90日を超えて滞在する必要がある場合には,外国人患者は,本人が入院する本邦の医療機関の職員又 は本邦に居住する本人の親族を代理人として法務省入国管理局から下記キ「在留資格認定証明書」を取得の上,他の提出書類と併せ管轄区域内の在外公館に提出 してください。
    1. ア 旅券
    2. イ 査証申請書
    3. ウ 写真
    4. エ 「医療機関による受診等予定証明書及び身元保証機関による身元保証書」
    5. オ 一定の経済力を有することを証明するもの(銀行残高証明書等)

      :外国人患者等の国籍により提出いただく書類が異なることがありますので,具体的な提出書類については居住地を管轄する大使館ま たは総領事館にお問い合わせ下さい。)

    6. カ 本人確認のための書類

      :外国人患者等の国籍により提出いただく書類が異なることがありますので,具体的な提出書類については居住地を管轄する大使館ま たは総領事館にお問い合わせ下さい。)

    7. キ 在留資格認定証明書(入院して医療を受けるため,90日を超えて滞在する必要がある場合)
    8. ク 「治療予定表」(数次にわたり治療のために訪日する必要がある場合)

「医療滞在ビザ」の身元保証機関になられる方々へ(外務省)

http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/medical/guarantor.html

1.医療滞在ビザとは

  1. (1) 医療滞在ビザとは,日本の医療機関の指示による全ての行為(人間ドック,健康診断,検診,歯科治療,療養(温泉湯治を含む)等)について,これを受けるこ とを目的として訪日する外国人患者・受診者等(以下,「外国人患者等」)及び同伴者に対し,発給されるものです。外国人患者等及び同伴者が査証申請を行う に際しては,日本の医療コーディネーターもしくは旅行会社等の身元保証を受ける必要があります。
  2. (2) 外国人患者等からの依頼を受け,日本の医療機関における外国人患者等の受入れをアレンジする医療コーディネーター及び旅行会社等は,身元保 証機関としての登録を行う必要があります。

2.医療滞在ビザ制度について

  1. (1) このビザの対象となる外国人患者等は,在外公館において,銀行残高証明書等の提出をもって,「一定の経済力を有する者」であると認められた外国人患者等が対象となります。
  2. (2) 対象医療機関,即ち,外国人患者等に対して上述1.の各種行為を指示することのできる機関は,日本に所在する全ての病院及び診療所です(都道府県の許可もしくは登録を有する機関)。
  3. (3) 本査証の滞在期間は,外国人患者等の病態等を踏まえ決定され,最大で6ヶ月までです。ただし,入院を前提として滞在予定期間が90日を超える場合には,外 国人患者等は,本人が入院することとなる医療機関の職員又は本邦に居住する本人の親族を通じて法務省入国管理局から在留資格認定証明書を取得する必要があ ります。身元保証機関の職員が,在留資格認定証明書の交付申請において代理人となることはできませんが,同申請について申請者(外国人患者)又は代理人 (医療機関の職員又は本邦に居住する本人の親族)に代わって,行政書士会を経由して地方入国管理局長に届け出た行政書士が申請の取り次ぎを行うことは可能 です。なお,外国人患者等が入院を前提としない場合は90日を超える滞在に必要な在留資格認定証明書は取得できません。
  4. (4) ビザの種別については,受入れ医療機関が必要と判断した場合には,外国人患者等は数次有効の査証(有効期間は最大3年まで)を申請することができます(た だし,1回の滞在期間が90日以内の場合のみ。数次有効の査証を申請する場合には医師による「治療予定表」の提出が必要)。この場合,身元保証機関は,受 入れ医療機関と連絡の上,治療予定表を入手して外国人患者等に送付してください。なお,入院を前提として滞在予定期間が90日を超える場合,及び査証官が 数次有効の査証の必要がないと判断した場合には,数次有効の査証は発給されず,一次有効の査証が発給されます。
  5. (5) 外国人患者等との親戚関係を問わず,必要に応じ同伴者を同行させることが可能です。同伴者については,必要に応じ,外国人患者等と同じ査証が発給されま す。なお,同伴者は外国人患者等の身の回りの世話をするために訪日する方で,収入を伴う事業を運営し又は報酬を得る活動をしない方です。この場合,身元保 証機関が外国人患者等と協議の上,同伴者が必要と合意される場合は,「医療機関による受診等予定証明書及び身元保証機関による身元保証書」に,当該同伴者 の氏名等を明記する必要があります。身元保証機関は,誰を同伴者として受け入れるのかについて外国人患者等と協議の上,「医療機関による受診等予定証明書 及び身元保証機関による身元保証書」(文末の記載よりダウンロード可)に記載して,外国人患者等に送付してください。
  6. (6) 提出必要書類について

     査証申請時に必要となる提出書類については,以下のとおりですが,オ及びカについては申請者の国籍により異なりますので,査証を申請する予定の在外公館に確認してください。

    1. ア 旅券
    2. イ 写真
    3. ウ 査証申請書
    4. エ 「医療機関による受診等予定証明書及び身元保証機関による身元保証書」
    5. オ 一定の経済力を有することを証明するもの
    6. カ 本人確認のための書類
    7. キ 在留資格認定証明書

      (外国人患者等が入院して医療を受けるため,90日を超えて滞在する場合のみ)

    8. ク 「治療予定表」(数次にわたり治療のために訪日する必要がある場合)

スペイン語電話帳、譲ります(西日本)

 guia japon okayama

 日系南米人向けメディア・IPCワールド社が出した最新のスペイン語電話帳&生活情報誌「GUIA JAPON 2011」(2010年12月発行)が、私のオフィスに50部ほどあります。無料です。来所した方にはお譲りします。

 郵便局のレターパックに返信用住所を書いて送っていただければ、そのまま本を入れて返送いたします。大量にほしいという方には、住所&電話番号を教えていただければ着払いでお送りします。FAXかメールでご連絡ください。
 (多忙な時期で返信が遅くなることがあります)

岡山県にはスペイン語圏の人は130人くらいしかいないんですよね。岡山国際交流センターへ寄付しようとしたら、「とりあえず1冊だけ」と言われてしまいました。そんな遠慮しなくても(笑)!



| 1/1PAGES |