links

categories

archives

児童労働の講演会 ユニセフ岡山(11/23)

「ネパール・インドの子ども達を取材して 未来奪う児童労働」
講師:毎日新聞社会部記者 石川隆宣氏
 
入場無料。ウィズフェスティバル2007の一環として開かれます。

日時
11月23日(金・祝日)午後12時30分−1時30分
(午後1時半からは沖縄音楽の演奏があります)

場所

岡山県男女共同参画推進センター
NTTクレドビル17階(岡山市中山下1-8-45)
http://www.cred-okayama.com/access/

申し込み
 日本ユニセフ協会岡山県支部
電話・ファックス086−227-1889
adf53700@syd.odn.ne.jp

   □

児童(じどう)労働(ろうどう)の講演(こうえん)会(かい)
ユニセフ岡山(おかやま)(11/23)

「ネパール・インドの子ども(こども)達(たち)を取材(しゅざい)して 
未来(みらい)奪う(うばう)児童(じどう)労働(ろうどう)」

講師(こうし):毎日新聞(まいにちしんぶん)社会部(しゃかいぶ)記者(きしゃ) 
石川(いしかわ)隆宣(たかのぶ)氏(し)

 入場(にゅうじょう)無料(むりょう)。ウィズフェスティバル2007の一環(いっかん)として開か(ひらか)れます。

日時(にちじ)

11月(がつ)23日(にち)(金(きん)・祝日(しゅくじつ))午後(ごご)12時(じ)30分(ぷん)−1時(じ)30分(ぷん)
(午後(ごご)1時(じ)半(はん)からは沖縄(おきなわ)音楽(おんがく)の演奏(えんそう)があります)

場所(ばしょ)

岡山県(おかやまけん)男女(だんじょ)共同(きょうどう)参画(さんかく)推進(すいしん)センター
NTTクレドビル17階(かい)(岡山市(おかやまし)中山下(なかさんげ)1-8-45)
http://www.cred-okayama.com/access/

申し込み(もうしこみ)
 日本ユニセフ(にほんゆにせふ)協会(きょうかい)岡山県(おかやまけん)支部(しぶ)
電話(でんわ)・ファックス086−227-1889
adf53700@syd.odn.ne.jp

技能実習/提出書類の変更(11月から、JITCO通知)

2007年10月 財団法人 国際研修協力機構
ホームページでの発表ページはこちら
http://www.jitco.or.jp/whatsnew/071017/index.htm

1. 地方入国管理局に提出する申請書類の様式追加
11月1日以降、地方入国管理局に「在留資格変更許可申請」又は「在留期間更新許可申請」を申請する際、次の様式を追加して提出してください。

1. 技能実習への移行に伴う「在留資格変更許可申請」
様式1「研修・生活状況等報告書(受入れ機関記入用)」Excelファイル
http://www.jitco.or.jp/whatsnew/071017/yoshiki1.xls


※JITCO発行の【外国人研修生入国・在留諸申請用書式と記載例集(第8版)】31ページに記載された提出書類は従来どおり必要となります。

2. 技能実習生の「在留期間更新許可申請」
様式2「技能実習・生活状況等報告書(実習実施機関記入用)」Excelファイル
http://www.jitco.or.jp/whatsnew/071017/yoshiki2.xls


※JITCO発行の【外国人研修生入国・在留諸申請用書式と記載例集(第8版)】32ページに記載された提出書類は従来どおり必要となります。

<JITCOに申請書類の点検取次を依頼する場合>
1. これから点検取次を依頼する場合は、新様式も申請書類と共に送付願います。
2. 現時点において、移行予定日又は在留期限が12月1日以降である案件の点検取次を依頼済みである場合は、至急、様式1又は2を作成の上、依頼した本部出入国部又は地方駐在事務所へ(点検取次依頼書の写しを添え)送付願います。
3. 移行予定日又は在留期限が11月末日前であっても、取次日が11月1日以降になることが見込まれる場合には、点検担当者から様式1又は2の作成・送付をお願いすることがありますので、ご協力をお願いします。

2. JITCO地方駐在事務所に提出することが不要となる書類

上記変更に伴い、従来、JITCO駐在事務所宛に提出いただいておりました次の書類は、本日以降、提出不要となります。

1. 移行申請時に提出不要となるもの
(注)下記以外の書類は従来通り提出が必要です。

1. 様式100−1「研修・生活状況報告書(受入れ団体記入用)
2. 様式100−2「傘下受入れ機関の技能実習移行希望者等の在留状況表(受入れ団体記入用)」
3. 様式100−3「研修・生活状況報告書(受入れ機関記入用)」
4. 様式100−4「技能実習移行希望者等の個人別在留状況表(受入れ機関記入用)」

2. 技能実習期間延長時に提出不要となるもの
(技能実習期間延長時には駐在事務所へ提出する書類は全て不要となります)
1. 様式8−1「技能実習状況・期間延長予定者報告書(受入れ団体記入用)」
2. 様式8−2「傘下受入れ機関の技能実習移行者の在留状況総括表(受入れ団体記入用)」
3. 様式8−3「技能実習生の実習・生活状況及び期間延長予定者表(受入れ機関記入用)」

(注)なお、「雇用条件書」につきましては、雇用条件の変更発生時に随時様式13「変更事項報告書」に新たな雇用条件書を添付のうえ報告下さい。
「技能実習実施状況報告書」(様式5の写しに進捗状況を朱書きしたもの)は提出不要です。

お問い合わせ先(事務所移転に伴い11月1日まで)
出入国部在留支援課  03−3233−1349
能力開発部業務第二課 03−3233−0623
(11月6日から)
出入国部在留支援課  03−6430−1140
能力開発部業務第二課 03−6430−1191

地球市民フェスタinおかやま2007

日時
11/2(金)-11/6(火)
午前10時から午後5時(6日は午後3時まで)

場所
岡山県総合グラウンド(桃太郎アリーナそば)岡山県 岡山市 いずみ町2-1

17カ国の国際屋台、外国の芸能ステージ、国際NGOの紹介、自主上映会などがあります。岡山県で活動する40団体が参加します。今回は第19回全国生涯学習フェスティバルの一環として開かれます。

問い合せ
地球市民フェスタinおかやま2007実行委員会
086−254−8020
http://www.coinn.org/festa07.html



地球(ちきゅう)市民(しみん)フェスタinおかやま2007

日時(にちじ)
11/2(金)(きん)-11/6(火)(か)

午前(ごぜん)10時(じ)から午後(ごご)5時(じ)(6日(か)は午後(ごご)3時(じ)まで

場所(ばしょ)
岡山県(おかやまけん)総合(そうごう)グラウンド(桃太郎(ももたろう)アリーナそば)岡山県(おかやまけん) 岡山市(おかやまし) いずみ町(いずみちょう)2-1)

17カ国(かこく)の国際(こくさい)屋台(やたい)、外国(がいこく)の芸能(げいのう)ステージ、国際(こくさい)NGOの紹介(しょうかい)、自主(じしゅ)上映(じょうえい)会(かい)などがあります。岡山県(おかやまけん)で活動(かつどう)する40団体(だんたい)が参加(さんか)します。今回(こんかい)は第(だい)19回(かい)全国(ぜんこく)生涯(しょうがい)学習(がくしゅう)フェスティバルの一環(いっかん)として開か(ひらか)れます。

問い合せ(といあわせ)
地球(ちきゅう)市民(しみん)フェスタinおかやま2007実行(じっこう)委員会(いいんかい)
086−254−8020
http://www.coinn.org/festa07.html

研修・技能実習制度の入管指針を改定へ

 研修生・技能実習生の受け入れに関する問題が多発しているのを受けて、入国管理局が、「研修生及び技能実習生の入国・在留管理に関する指針」を改定する案を公表しました。

 改定のポイントは次の2点です。
ーけ入れ機関に対して適正な受け入れ体制を整えるよう求める
何が「不正行為」にあたるかを明確化する

■問題とされている事例

・組合等の第一次受入機関が、「労働力不足の解消になる」と広告し第二次受入機関となる企業を募集すること
・申請した受入機関とは別の機関で研修等を行うこと
・研修生に時間外、休日に作業をさせること
・事実と異なる監査報告書を提出すること
・商工会等が名目のみの受入機関となり、実際はほかの機関が研修を「監理」すること
・第二次受入機関が第一次受入機関へ支払う管理費が適正な額でないこと。またその管理費を研修生から徴収すること
・たとえ本人からの要望があっても、パスポートや外国人登録証を受入機関等が預かること
・失踪防止などの理由で、寮からの外出を禁止すること
・法定の手続き(労使協定の締結)を取ることなく、技能実習生の賃金から食費、寮費等を差し引くこと
・中国の送り出し機関が研修生から高額の保証金を取ること
・常勤の役員をのぞくと、残りの従業員が全員技能実習生であるような状態
・技術移転とはいえない程度の技術の作業をさせること
・非実務研修を短縮して実施すること
・研修生等の通帳を預かること

■受入機関に徹底を求めている事項

・送り出し機関の事業内容、保証金、研修生選定の方法などが適正か認識しておく
・営利目的のあっせん機関を介在させない
・名目のみの受入機関を使って受け入れない
・国際協力、国際貢献という研修・実習制度の趣旨を徹底させる
・計画通りに研修を行い、生活指導員、研修指導員を育成する
・本人に要望されても、通帳、パスポート、外国人登録証を預からない
・「管理費」等の名目で研修手当から差し引かない
・監査では研修日誌での確認、研修生からの聴取などで現状を把握する
・帰国後の研修生、実習生が学んだ技術を活用しているか、送り出し機関に確認させる


■「不正行為」(3年間受け入れ禁止の罰則)にあたる事例

【第1類型】
‘鷭天戚
 申請時の研修手当ての額などと異なる合意をしている場合。二重契約を知りながら放置した第一次受入機関も不正行為の対象となります。
研修・技能実習計画との齟齬(そご)
 「食品加工」の研修といいながら、実際は「弁当の折詰め」を行わせるなど、申請とは別の作業や申請した作業の一部のみをさせる場合。
L承疎澆
 受入機関として名義を貸した機関、借りた機関の双方が不正行為の対象となります。「一時的に手伝いに行かせた」場合も該当します。
さ偽文書の作成・行使
 監査結果報告などで、申請の許否を左右するほどの重大な虚偽記載がある場合。

【第2類型】
仝修生の所定時間外作業

【第3類型】
)醜圈Υ洞
▲僖好檗璽函Τ姐饋妖佻疹斂製颪亮茲蠑紊
逃走防止などと称して保管していた場合。
8修手当、賃金の不払い
全部、または一部を支払わない場合。
い修梁梢邑⊃害行為

【第4類型】
(鷙雉遡外稟
 失踪などの問題発生時に、入国管理局等に届け出ていなかった場合。
監査未実施
失踪(しっそう)者の多発
失踪発生前の1年間に受け入れた研修生・技能実習生の20%以上が失踪した場合(受け入れ人数50人未満の場合は、失踪10人以上。または失踪者の割合が半数を超える場合)。失踪について受入機関に責任がないと認められる場合は不正行為になりません。

【第5類型】
”塰―∀者の雇用
∀働関係法規違反
労基署等から是正勧告を受けると、不正行為認定の対象となります。
その他外国人就労の不正行為
 不法就労者のあっせん、不法就労を助ける活動など。

【第6類型】
”埓宜坩戮暴爐困觜坩戮鯡鵤廓以内に繰り返した場合。
「不正行為に準ずる行為」については、あとで説明します。

■不正行為に準ずる行為(是正案の提出等の罰則)

【第1類型】
研修・技能実習計画との齟齬(そご)
 計画と実態の食い違いの程度があまり大きくない場合。(研修実施場所が申請時と違う場合など)

【第2類型】
研修生の時間外作業
 時間外作業はしたものの、短期間、短時間にとどまる場合など。

【第3類型】
権利侵害
 研修生等の権利・利益侵害行為があったが、改善済みか改善の見込みがある場合。

【第4類型】
失踪者の多発
 失踪発生前の1年間に受け入れた研修生・技能実習生のうち10%以上が失踪した場合。受け入れ人数50人未満の場合は、失踪5人以上。または失踪者の割合が4分の1を超える場合。失踪について受入機関に責任がないと認められる場合は不正行為になりません。
【第5類型】
管理責任等
 第二次受入機関が不正行為を行ったと認定された場合、監理責任のある第一次受入機関は不正行為に準ずる行為と認定します。

  □

 入国管理局はこの指針改定について、パブリックコメントを募集しています(11月13日まで)。詳しい内容はこちらをご覧ください。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=Pcm1010&BID=300130019&OBJCD=&GROUP

日本語講師を探しています(岡山)

 外国人を支援するNPO法人「メンターネット」は、ボランティア日本語講師の登録を受け付けています。

 登録された方は、メンターネットからの派遣講師として、企業などで行う日本語教室へ出張して、日本語を教えていただきます。教科書はこちらで用意します。有償、無償ボランティアがあります。

 経験のある方が望ましいですが、熱意のある方は初心者でもご相談ください。

 興味のある方は、メンターネット事務局までお問合せください。
〒700−0927
岡山市西古松2−26−22 BIOオフィス1061
☎086−246−4385
FAX086−246−4386
office@mentor.or.jp
http://mentor.or.jp/

ブラジル1日(にち)移動(いどう)総領事館(そうりょうじかん)(広島(ひろしま)11/11)

(ポルトガル語はこちら)
http://www.pref.shimane.lg.jp/life/international/kouryu/kokusai/brazil_souryoujikan.data/portuguese.doc

主催  
在名古屋ブラジル連邦共和国総領事館

日時  
2007(平成19)年11月11日(日)8時から12時まで受付

場所  
広島県健康福祉センター(8F)
〒734-0007 広島市南区皆実町1-6-29

業務  
1.次の書類の当日署名及び受け取り
・ 出生登録
・婚姻登録
・死亡登録
・委任状
・軍隊登録
・生存証明書
・選挙カードの申請又は変更の申請
(パスポート,身分証明書(RG),納税カード(CPF),外国人登録証明書を持参してください。)

2.無料法律相談
(ブラジル人弁護士 石川エツオ先生)

留意事項について

1.事前手続き
少なくとも7日(平日)前に,次のものを総領事館に送付した人が優先して受け付けられます。
・ 必要書類を添えた申請書
・ 申請者の住所・氏名を明記したはがき(50円切手を貼る。このはがきは,書類の準備ができたことを知らせるためであり,当日持ってきてください。)

2.郵便での業務
(1日総領事館に来られる必要はありません。)
・ パスポート
・書類の認証
・国籍証明書
・サインの認証
・居住証明書
・入隊延期
これらの書類は,後日宅急便で本人に送付されます。
(当日来られてもこれらの書類を早く受け取ることはできません。)

問合せ
在名古屋ブラジル総領事館
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内1-10-29 白川第8ビル2階
Fax: 052-222-1079
Email: visa@consuladonagoya.org


   □

ブラジル1日(にち)移動(いどう)総領事館(そうりょうじかん)(広島(ひろしま)11/11)
(ポルトガル語(ご)はこちら)
http://www.pref.shimane.lg.jp/life/international/kouryu/kokusai/brazil_souryoujikan.data/portuguese.doc

主催(しゅさい)
在(ざい)名古屋(なごや)ブラジル連邦(れんぽう)共和国(きょうわこく)総領事館(そうりょうじかん)

日時(にちじ)  
2007(平成(へいせい)19)年(ねん)11月(がつ)11日(にち)(日)(にち)8時(じ)から12時(じ)まで受付(うけつけ)

場所(ばしょ)  
広島県(ひろしまけん)健康(けんこう)福祉(ふくし)センター(8F)
〒734-0007 広島市(ひろしまし)南区(みなみく)皆実町(みなみまち)1-6-29

業務(ぎょうむ)  
1.次(つぎ)の書類(しょるい)の当日(とうじつ)署名(しょめい)及び(および)受け取り(うけとり)
・出生(しゅっしょう)登録(とうろく)
・婚姻(こんいん)登録(とうろく)
・死亡(しぼう)登録(とうろく)
・委任状(いにんじょう)
・軍隊(ぐんたい)登録(とうろく)
・生存(せいぞん)証明書(しょうめいしょ)
・選挙(せんきょ)カードの申請(しんせい)又は(またわ)変更(へんこう)の申請(しんせい)
(パスポート,身分証明書(みぶんしょうめいしょ)(RG),納税(のうぜい)カード(CPF),外国人(がいこくじん)登録(とうろく)証明書(しょうめいしょ)を持参(じさん)してください。)

2.無料(むりょう)法律(ほうりつ)相談(そうだん)
(ブラジル人(にん)弁護士(べんごし) 石川(いしかわ)エツオ先生(せんせい))

留意(りゅうい)事項(じこう)について

1.事前(じぜん)手続き(てつづき)
少なくとも(すくなくとも)7日(か)(平日(へいじつ))前(まえ)に,次(つぎ)のものを総領事館(そうりょうじかん)に送付(そうふ)した人(ひと)が優先(ゆうせん)して受け付け(うけつけ)られます。

・ 必要(ひつよう)書類(しょるい)を添え(そえ)た申請書(しんせいしょ)
・ 申請(しんせい)者(しゃ)の住所(じゅうしょ)・氏名(しめい)を明記(めいき)したはがき(50円(えん)切手(きって)を貼る(はる)。このはがきは,書類(しょるい)の準備(じゅんび)ができたことを知らせる(しらせる)ためであり,当日(とうじつ)持っ(もっ)てきてください。)

2.郵便(ゆうびん)での業務(ぎょうむ)
(1日(にち)総領事館(そうりょうじかん)に来(こ)られる必要(ひつよう)はありません。)
・ パスポート
・書類(しょるい)の認証(にんしょう)
・国籍(こくせき)証明書(しょうめいしょ)
・サインの認証(にんしょう)
・居住(きょじゅう)証明書(しょうめいしょ)
・入隊(にゅうたい)延期(えんき)

これらの書類(しょるい)は,後日(ごじつ)宅急便(たっきゅうびん)で本人(ほんにん)に送付(そうふ)されます。(当日(とうじつ)来(こ)られてもこれらの書類(しょるい)を早く(はやく)受け取る(うけとる)ことはできません。)

問合せ(といあわせ)
在(ざい)名古屋(なごや)ブラジル総領事館(そうりょうじかん)
〒460-0002 愛知県(あいちけん)名古屋市(なごやし)中区(なかく)丸の内(まるのうち)1-10-29 白川(しらかわ)第(だい)8ビル2階(かい)
Fax: 052-222-1079 Email: visa@consuladonagoya.org

外国人(がいこくじん)委員(いいん)募集(ぼしゅう)

岡山市は、まちづくりについて外国人市民の意見をきくため、第2期 岡山市外国人市民会議を設置します。

現在、委員になる外国人を募集しています。委員は10人以内です。委員の募集内容は次の通りです。


任期 2年

会議の開催 年5回程度   

応募資格
次のすべての条件を満たす人
(1)満20歳以上の人(2007年4月1日の時点で)
(2)2006年4月1日より前からずっと岡山市に外国人登録をしている人
(3)日本語が理解できる人(会議は日本語で行います)
(4)任期の最後まで会議に出席できる見込みのある人
(5)3か国以上の国(日本を含む)の人から、それぞれ1人以上の推薦を受けることができる人
※ 推薦人は、2007年4月1日の時点で満20歳以上になっていて、岡山市に住んでいる人です。
    
応募方法
応募申請書に必要事項を記入して、推薦人からの署名をもらって、岡山市役所国際課へ郵送するか直接提出してください。

申請書は市役所で受け取るか、こちらからダウンロードできます

応募期間
2007年10月1日(月)〜10月31日(水)[必着]
選考結果は、応募者全員に郵送します。

応募先
〒700−8544 岡山市大供1−1−1
岡山市市民局国際課
TEL:086−803−1112
FAX: 086−225−5408

岡山市国際課の募集ホームページ
http://www.city.okayama.okayama.jp/shimin/kokusai/index.htm

   ◇

岡山市(おかやまし)外国人(がいこくじん)市民(しみん)会議(かいぎ) 委員(いいん)募集(ぼしゅう)(10/31まで)

岡山市(おかやまし)は、まちづくりについて外国人(がいこくじん)市民(しみん)の意見(いけん)をきくため、第(だい)2期(き) 岡山市(おかやまし)外国人(がいこくじん)市民(しみん)会議(かいぎ)を設置(せっち)します。現在(げんざい)、委員(いいん)になる外国人(がいこくじん)を募集(ぼしゅう)しています。委員(いいん)は10人(にん)以内(いない)です。委員(いいん)の募集(ぼしゅう)内容(ないよう)は次 (つぎ)の通り(とおり)です。

▽任期(にんき) 2年(ねん)

▽会議(かいぎ)の開催(かいさい) 年(ねん)5回(かい)程度(ていど)   

▽応募(おうぼ)資格(しかく)
次(つぎ)のすべての条件(じょうけん)を満たす(みたす)人(ひと)
(1)満(まん)20歳(さい)以上(いじょう)の人(ひと)(2007年(ねん)4月(がつ)1日(たち)の時点(じてん)で)

(2)2006年(ねん)4月(がつ)1日(たち)より前(まえ)からずっと岡山市(おかやまし)に外国人(がいこくじん)登録(とうろく)をしている人(ひと)

(3)日本語(にほんご)が理解(りかい)できる人(ひと)(会議(かいぎ)は日本語(にほんご)で行い(おこない)ます)

(4)任期(にんき)の最後(さいご)まで会議(かいぎ)に出席(しゅっせき)できる見込み(みこみ)のある人(ひと)

(5)3か国(かこく)以上(いじょう)の国(くに)(日本(にほん)を含む(ふくむ))の人(ひと)から、それぞれ1人(り)以上(いじょう)の推薦(すいせん)を受ける(うける)ことができる人(ひと)

※ 推薦(すいせん)人(にん)は、2007年(ねん)4月(がつ)1日(たち)の時点(じてん)で満(まん)20歳(さい)以上(いじょう)になっていて、岡山市(おかやまし)に住ん(すん)でいる人(ひと)です。    

▽応募(おうぼ)方法(ほうほう)
応募(おうぼ)申請書(しんせいしょ)に必要(ひつよう)事項(じこう)を記入(きにゅう)して、推薦(すいせん)人(にん)からの署名(しょめい)をもらって、岡山(おかやま)市役所(しやくしょ)国際(こくさい)課(か)へ郵送(ゆうそう)するか直接(ちょくせつ)提出(ていしゅつ)してください。申請書(しんせいしょ)は市役所(しやくしょ)で受け取る(うけとる)か、こちらからダウンロードできます

応募(おうぼ)期間(きかん)
2007年(ねん)10月(がつ)1日(たち)(月)(げつ)〜10月(がつ)31日(にち)(水)(すい)[必着(ひっちゃく)]

選考(せんこう)結果(けっか)は、応募(おうぼ)者(しゃ)全員(ぜんいん)に郵送(ゆうそう)します。

応募(おうぼ)先(さき)
〒700−8544 岡山市(おかやまし)大供(だいく)1−1−1
岡山市(おかやまし)市民(しみん)局(きょく)国際(こくさい)課(か)
TEL:086−803−1112
FAX: 086−225−5408

岡山市(おかやまし)国際(こくさい)課(か)の募集(ぼしゅう)ホームページ
http://www.city.okayama.okayama.jp/shimin/kokusai/index.htm

倉敷(くらしき)で無料(むりょう)相談(そうだん)(10/7)

倉敷国際ふれあい広場
2007年10月07日 (日曜日) 10時 00分-16時 00分
倉敷市芸文館及び友好の広場
(倉敷市中央1丁目18番1号)
連絡先 086−426-3015

多言語での外国人無料相談コーナー
場所:倉敷市芸文館内
松田も参加します(英語、日本語)。
英語、中国語、スペイン語、ポルトガル語で相談を受け付けています。

ほかに世界の料理屋台やワークショップ展示・販売、パフォーマンス、フリーマーケットがあります。

交通アクセス
http://www.kcpf.or.jp/hall/geibu/geibu-koutsu.html


倉敷市国際平和交流推進室 http://www.city.kurashiki.okayama.jp/kurakoku/index.htm
倉敷国際ふれあい広場
http://www.city.kurashiki.okayama.jp/kurakoku/event/fureai/index.html

   ◇
倉敷国際(くらしきこくさい)ふれあい広場(ひろば)

2007年(ねん)10月(がつ)07日(にち) (日曜日(にちようび)) 10時(じ) 00分(ふん)-16時(じ) 00分(ふん)
倉敷市(くらしきし)芸文(げいぶん)館(かん)及び(および)友好(ゆうこう)の広場(ひろば)

(倉敷市(くらしきし)中央(ちゅうおう)1丁目(ちょうめ)18番(ばん)1号(ごう))

連絡先(れんらくさき) 086−426-3015

多(た)言語(げんご)での外国人(がいこくじん)無料(むりょう)相談(そうだん)コーナー
場所(ばしょ):倉敷市(くらしきし)芸文(げいぶん)館内(かんない)
松田(まつだ)も参加(さんか)します(英語(えいご)、日本語(にほんご))。英語(えいご)、中国語(ちゅうごくご)、スペイン語(ご)、ポルトガル語(ご)で相談(そうだん)を受け付け(うけつけ)ています。

 ほかに世界(せかい)の料理屋(りょうりや)台(だい)やワークショップ展示(てんじ)・販売(はんばい)、パフォーマンス、フリーマーケットがあります。

交通(こうつう)アクセス
http://www.kcpf.or.jp/hall/geibu/geibu-koutsu.html

倉敷市(くらしきし)国際(こくさい)平和(へいわ)交流(こうりゅう)推進(すいしん)室(しつ) http//www.city.kurashiki.okayama.jp/kurakoku/index.htm

倉敷(くらしき)国際(こくさい)ふれあい広場(ひろば)
http://www.city.kurashiki.okayama.jp/kurakoku/event/fureai/index.html

| 1/1PAGES |