links

categories

archives

おかやまいっぽん日記(3)

 選挙の世界に近づいてみると、だんだん戦闘的になっていき他人を攻撃し始める人を見聞きします。差別発言とか、ポスター破りとか、そういうのを見ると浮動票を持つ人たちは引いていくのではないかと不安になります。ひょっとしてネガキャンの人たちは、それが狙いなのかな?

 

 だとすると、本当に民主主義のために政権を変えたいと思う私は、こういうネガティブな攻撃にも絶望しないで、淡々とやるべきことをしないと。そしてほかの人にも、絶望しないよう声をかけていくことが大切なのかもしれません。

 

 投票に行く時間が取れないので、夜7時、思い切って丸腰で期日前投票に行ってきました。

 

 

期日前投票は土曜、日曜も8:30〜20:00まで開いています。詳しくはこちらのサイトへ。

 

http://www.city.okayama.jp/senkyo/senkyo_00132.html

 

 夜7時を過ぎると、もう市役所は期日前投票のためだけに開いているわけで、警備員の人たちも「待ってました」とばかりに案内してくれます。

 

 丸腰とはいっても、運転免許証と印鑑くらいは持っていた私。ところが

 

「宣誓書のところに名前と住所と電話番号を書いてください」(鉛筆渡される)

「はい」(かきかき)

「では隣の受付へ」

「はい」

「では入場してください」

「はい」

「はい、小選挙区の投票用紙です」

 

えー、もう投票していいの?本人確認とかしないの?えー…と思いつつ投票。

 

「はい、比例区の投票用紙と最高裁判所裁判官国民審査の用紙です」

 

うわー、もう最後まで来て、終わってしまった…。

 

本当に丸腰で投票できてしまったのでした。

 

ていうか、こんなのでいいんですか?いつも市役所で執拗(しつよう)に求められる本人確認は一体なんだったの…。

 

あっという間に終わってしまうので、どこに投票するかしっかり自分に言い聞かせてから投票に臨んでください。つい忘れそうになります(笑)。

 

安倍政権を終わらせるため、野党共闘を進める私としては、岡山1区なら高井さん、比例区は共産党をお勧めしています。

 

でも与党も野党も、投票に行くことが大切。早く行って、早く楽になりましょう〜。