links

categories

archives

在留資格「介護」って、もうできているんですか?

 まだできていません(笑)!(2016年7月25日現在)

 

 お客様から、『「介護」の在留資格を取れば介護の仕事ができるという噂を聞いたのですが』と相談を受けました。

 

 そういえば、確かに「介護」という在留資格を新設するという法改正案が、2015年1月〜9月(第189回)の国会で提出されました。

 

在留資格「介護」(新設)

本邦の公私の機関との契約に基づいて介護福祉士の資格を有する者が介護又は介護の指導を行う業務に従事する活動

 

 ところがこの年は、かの安保法制の成立を巡って世論も国会も大揺れした年で、安保法以外の法律がいくつも成立せずに流れてしまいました。実はこの入管法改正案も一緒に流れてしまい、成立しなかったんです。

 

 2016年1月〜6月(第190回)の国会にも法案は出されたのですが、やはり時間切れで「継続審議」となりました。

 

http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/gian/190/meisai/m19003189031.htm

 

 ということで、本日入管にも電話して、まだ在留資格「介護」はないよ、ということを確認しました。

 

 ちなみに、どうやったら介護福祉士の資格を取れるかについても、(公)社会福祉振興・試験センターのサイトで見てきました。

http://www.sssc.or.jp/kaigo/shikaku/route.html

 

これは介護福祉士になるまでのルートを示した図です。

実務経験ルートは無理として、福祉系の大学、専門学校で学ぶ道へ入るしかないようですね。