links

categories

archives

布マスク(平面)のつくりかた

大きめの平面マスクだと作り方も簡単で、プリーツマスクと同じくらい呼吸は楽です。

 

平面なので、マスクの表裏をアイロンしやすく、簡単に殺菌できます。

 

できあがりの大きさは、横16センチ、縦12センチです。

顔の大きい人は、切るときの布の寸法を、横は2センチ、縦は1センチ足すとよいです。

 

​←作り方の画像です。拡大してみてください

 

ここからは、写真付きで説明します。

(2) これは、表布と裏布を合わせて、なみ縫いしたところ。このあと裏表をひっくり返すので、

今は布の表側が内向きになっています(中表の形です)。

あとで裏表をひっくりかえすため、この縫い目は表には出ません。なので、ざっくり縫ってOK。3〜5ミリくらいの縫い目でもよいです。

 

(3) 裏表をひっくりかえしました。すると、上下の1センチが折れた状態になります。

 

表からみたところ。縫い目は、二枚合わせた布の内側に隠れています。

 

(3) 両端を三つ折りにしてアイロンで折り目をつけました

 

まつり縫いをする前に、待ち針を打ちました

 

(4) まつり縫いしました。両端はゴムの入り口で引っ張られるので、2,3回同じ場所で繰り返して縫って、丈夫にしておきます。

 

表布と裏布で計3枚、重なっています。表布まで目が貫通しないようにまつり縫いすれば、縫い目は表に出ません。

 

上手にまつり縫いができない人は、糸の色を表布と同じにして、なみ縫いしてもよいです。このときは折り返した部分も含め、計5枚重ねて縫うことになるので、針は通りにくいかもしれません。

 

ゴムを通すのは、ひも通しか、ヘアピンを使います。

 

ゴムを通しました。

 

 

ゴムの長さは自由に調節してください。結び目の位置を、ゴムの輪を回しながら動かし、布の中に入れて隠します。

 

ゴムを引っ張ると両端にギャザーが入るので、立体マスクくらいのふくらみが出ます。

 

 

見た目は顔に密着しているように見えますが、布の中央部分は張りがあるので、鼻の下には呼吸するスペースがあります。

 

布の裏の鼻の位置にワイヤーを置いて、サージカルテープや紙テープで止めたら、眼鏡のくもりを抑えることができます。

 

ナイロン製のヘアゴムは、アイロンで溶ける可能性があるので、アイロン時には注意。綿やポリエステル素材のひもなら、一緒にアイロンできます。