links

categories

archives

【参院選】岡山の野党統一候補って何ですか?

 選挙中盤。あまり選挙運動していなくてもヘトヘトな感じになってきましたが(笑)、仕事の合間に期日前投票に行ってきました。

 

 ちょうど実家の前を通ったので、母も誘って一緒に投票所へ。体力のない人、時間のない人、関心のない人などいる中で、投票に行く労力はすごく、すごーく大きなものです。21世紀なのに、投票だけはなぜこんなに原始的な労力を使うのか、と思います。

 

 比例区は、候補者の名前でも政党の名前でも書いていいので「住寄聡美」と書きました。「すみよりさとみ」さん。岡山選挙区から出馬予定だった共産党の候補者です。

 

詳しくは山陽新聞の記事でどうぞ。
「住寄聡美氏の擁立取り下げを発表 共産党県委、野党候補一本化で」
 https://www.sanyonews.jp/article/903796

 

   □   ■

 

そもそも、私が関わっている市民団体「おかやまいっぽん」http://okayama1pon.net/とは、岡山の選挙区(1人区)で野党が複数の候補者を立てると野党票が割れて勝てない、という状況を変えるため、野党の候補者を一本化するために2016年に立ち上がりました。

 

 それ以来、こんな感じで歩んできました。

 

【2017年衆議院選挙・岡山1区】
野党統一候補の高井たかし氏(立憲)を擁立。共産党は余江雪央氏の擁立を取下げ。
(結果: 自民・逢沢氏8.7万票、立憲・高井氏5.6万票)

 

【2016年参議院選挙・岡山選挙区】
野党統一候補の黒石健太郎氏(立憲)を擁立。共産党は植本完治氏の擁立を取下げ。
 (結果: 自民・小野田氏43万票、立憲・黒石氏32万票)

 

 このパターン、見てわかるでしょうか。立憲は自分の候補者を野党統一候補とし続け、共産党は候補者はずーっと取り下げ続けています。

 

 共産党幹部の方に言わせると「見返りは民主主義」だそうです。現場の党員には、かなり精神的な忍耐力を試される決断だと思いますが、確かに他党や市民が共産党を知り、身近に感じるようになったという点は大きいな、と思います。

 

 私もいっぽんの活動を通じて初めて「しんぶん赤旗(日曜版)」を読むようになり、共産党支援者の方々の「野党共闘の礎(いしずえ)」としての役割を見てきました。

 

 だからこそ比例区は、感謝と敬意をこめて「住寄聡美」さんと書いています。私は「彼女が選挙区の統一候補でも良かった」と内心は思っています。

 

   □   ■

 

「自分は保守派だけど、安倍政治だけは終わらせたい」。

 例えばそんな人が選挙区で選択しやすいように、政策協定を交わした4党と「いっぽん」で擁立した人が、原田ケンスケさんです。

 

さて、今週の予定を貼っておきます。みなさんも、ぜひ日本のこれからのために投票に行きましょう。あと1週間あります!