links

categories

archives

【韓国籍の方へ】「家族関係登録簿」診断キャンペーン

在日韓国民団では韓国籍の方のために、家族関係登録(日本の戸籍にあたるもの)の情報が正しいかどうか診断するキャンペーンを12月まで行っています。


相談は基本的に無料です(書類取り寄せなど実務が伴う場合は手数料がかかります)。

 

家族関係登録は2008年に新しくできた制度です。在日韓国人の方の間では、次のような問題がこれまでに起こっています。
・家族関係登録簿が存在しない
・出生、婚姻、死亡などの登録をしていない
・重婚になっている
・誤記がある(生年月日、姓名など)
・記載内容が事実と大きく異なっている(家族構成、続柄、過去のことなど)
・知らない人が家族として登録されている

 

登録簿の内容を正しくしておかないと、相続、裁判など手続きが必要なときに長期化することもあります。

 

【相談に必要なもの】
・家族関係登録の証明書類(家族関係証明書、基本証明書、婚姻関係証明書、入養関係証明書、親養子関係証明書、除籍謄本)

 

【訂正が必要なときに日本側で事実確認できる資料】
・閉鎖済み外国人登録原票(法務省へ郵送で個人情報開示請求する)
・住民票
・出生届、婚姻届、死亡届のコピーなど過去の日本の役所への届出が分かるもの

 

【相談先】
岡山の方は、おかやま民団(生活相談センターおかやま) TEL 086−225-0826
その他の方は、全国の民団地方本部、みんだん生活相談センター

http://www.mindan.org/seikatsu.php


※韓国からの証明書の取り寄せからお手伝いしています

 

ちらしはこちら 

 

PDFはこちら

https://goo.gl/PnXViv