links

categories

archives

ラーメン屋のコックに在留資格認めるー東京地裁


  2011年2月19日付読売新聞(電子版)によると、中国料理コックとして在留資格「技能」を与えられていた東京都の中国籍男性調理師(44)がラーメン店で勤務していて入管から在留資格取り消され、退去強制処分を受けていた問題で、東京地裁は18日、ラーメン店勤務は専門技能にあたるとして退去強制処分を取り消し、調理師の在留を認める判決を出しました。

 報道によると裁判長は、ラーメン店でも中華料理の技能は生かされており、資格外活動とは言えないと述べたそうです。国側は「ラーメン店のメニューはみそラーメンなど日本で独自に発展したものがほとんどで、中華料理の専門技術は必要ではない」と主張したそうですが、「チャーハンやシューマイもあり、中華料理と無関係ではない」と裁判所は判断しました。

 男性は1999年に入国し、神奈川県や東京都の中華料理店で働いていましたが失業し、再び本格的な中華料理店で働くため求職しながら2009年4月から東京都のラーメン店で働いていたそうです。

   ■    ■

 驚いた!すごく驚きました!いやー、裁判は怖いですね(笑)。入管実務では、「技能」という在留資格は、母国独特の熟練した技能を使って働く外国人に与えられ、調理師(コック)もその中に入っています。調理師の場合は基本的に10年以上の実務経験が要求され、中華料理店の中国人コックはこの在留資格で働いている人が非常に多いです。

 この在留資格で認められる調理師は、「料理の調理または食品の製造に係る技能で外国において考案され我が国において特殊なものを要する業務に従事する者」(入管法7条1項2号基準省令)となっています。だから国側は、「ラーメン店のメニューはみそラーメンなど日本で独自に発展したものがほとんどで、中華料理の専門技術は必要ではない」と主張したんですね。それに対する裁判所の答え「チャーハンやシューマイもあり、中華料理と無関係ではない」は、うーん、確かにそうですけど、ラーメン屋のメーン料理はラーメンであるというところで説得力が弱くなりそうな気も…。シューマイ手作りするラーメン屋も聞いたことないし…。

 実務上の暗黙の基準として、「技能」のコックが本来働くべき(と入管のイメージする)料理店というのは、コースメニューなど高度な技能を使った料理を出す高級外国料理店です。が、実はこれは暗黙の基準であり、明文化はされていませんでした。つまり裁量です。この裁量には多くの店が泣いてきましたが、裁判所はこういう明文化されていない部分を「なかったもの」としてバッサリ斬って、「ラーメン屋でもいいんじゃない」と言ってしまったわけです。ちょっとだけすがすがしい気分がしましたが(笑)、こういう判例が重なることによって、入管もこういう部分を明文化せざるを得なくなってくるのかな、と思いました。

 あ、だからといって失業中のコックのみなさん、安易にラーメン屋へ就職しない方がいいですよ。国がすぐ控訴するんじゃないかと思いますから。


タイ人技能労働者の認証手続きについて

タイ人技能労働者の認証手続きについて

タイ大使館労働担当官事務所
〒141-0021東京都品川区上大崎 3-14-6 別館2階
Tel. 03-5423-6656 Fax. 03-3280-0730
thailabour@i.bekkoame.ne.jp


タイ人技能労働者が日本で就労する場合、タイ労働省の国外就労許可が必要です。その手順は別紙の通りですが、提出していただく雇用契約書について以下の点を留意して下さい。

* 雇用契約書は、タイ語とその対訳(日本語または英語)を提出して下さい。
* 記載内容は、日本の労働基準法に従ったものにして下さい。その他に以下の項目を明記してください。
1.食費、宿泊費、航空運賃をどちらが負担するか、分担する場合その割合について明示。

2.記載の給与額は、所得税が引かれる前か後のどちらの金額であるかを明示する。またその支払い手続きはどちらがするか。

3.怪我、病気の場合の医療費負担はどちらがするか。

4.死亡した場合、遺骨や遺品の本国への移送費用は雇用者側の負担とする。

5.一日の労働時間は8時間、週当たり40時間(特例として44時間)以内とし、それを超えた場合は超過勤務としてその時給を明示する。(勤務時間の規定や割増賃金の計算方法は労基法参照のこと)

認証印を押した雇用契約書の原本2部は返却しますので、雇用者と被雇用者の双方がそれぞれ一部ずつ保管して下さい。タイ労働省雇用局長宛の封筒に入った書類は被雇用者に渡していただき、被雇用者自身が労働省雇用局または各県、郡役所の雇用局に持参するようにしてください。

尚、労働担当官事務所では、上記項目を網羅した雇用契約書の見本をタイ語と日本語で用意しております。以下にアクセスしていただきますとダウンロードできます。
日本語契約書
http://www.thaiceotokyo.jp/jp/images/stories/_pdf/Employment_contract_JP.pdf
タイ語契約書
http://www.thaiceotokyo.jp/jp/images/stories/_pdf/Employment_contract_TH.pdf

   □   □

 こんなサイトがある、という情報をほかの行政書士の方からいただきました。タイ大使館関係部署のサイトは充実していますね!

中華料理コックの資格証って何ですか

 コックの資格証明書を偽造して入国する中国人が増えている、というテレビ画像をネットで見ました。数字の根拠は示されていませんでしたが、何しろ全体の外国人入国者数が増えているのですから、増えていてもおかしくはありません。

 偽造の問題は尽きないですが、私のお客様の中には体を張って中華料理店を支えている真面目な中国人の方々がたくさんいるものですから、こういう報道だけを見て偏ってはいけない、と思うのです。

 なので、どれくらい偏りが是正できるか謎ですが(笑)、基礎知識として中国政府の発行する中華料理調理師の資格証明書のお話をしましょう。

    □ 

 財団法人海外職業訓練協会の資料によると、中国では全国統一規格である技能評価制度があります。評価される複数の職種の中に調理師も入っているわけです。日本へ来るコックの場合は、この制度により認定・発行された一定レベルの職業資格証書のコピーを入管へ提出しなければいけません(一般的に中級以上を提出します)。

 技能試験は「初級」「中級」などのレベルに分けて行われます。合格してから証書が届くまでの流れは次の通りだそうです。

 「職業技能審査合格者の名簿を当地の職業技能検定指導センターに届け審査を経て、更に同級の労働保障行政部門あるいは業界部門の労働保障実務機構に報告し批准を得てから、職業技能検定指導センターが国の規定する証書の編制番号案及び記入様式の要求に従い、統一的に証書を作成し、それに職業技能検定機構の専用印章を捺印して、同級の労働保障行政部門あるいは業界部門の労働保障実務機構が捺印の後、職業技能検定所が本人へ送付する」

 この「統一的に証書を作成し」というのは、省によって書式や印鑑がバラバラではないということを意味します。

   □

 資格証書は偽造防止技術を使って印刷されています。手元にある本物(と私が信じている)職業資格証書を見てみましょう。
front1



 まず、表紙(色は級によって違う。高級は赤、中級は青)はソフトな弾力ある素材を使っていて、金文字や模様は盛り上がっています。触るとはっきり分かります。
front2

 表紙と中身は、完全に違う素材を使っています。横から見るとはっきり分かりますね。

 表紙裏や中身にはすかしや浮き出し文字が印刷してあります。
watermark1




 これは浮き出し文字。

watermark2



 これはすかし。写真では分からないかもしれません。書いてある文字は秘密です(笑)。
emboss



 顔写真には浮き出し(エンボス)印。

   □

 お札やパスポートだって偽造されるわけですから、こんな証明書もすぐ偽造されてしまうのは当然かもしれません。

 まあ今回は、ちゃんと中国側も偽造防止のシステムを取って努力しているんですよ、というお知らせと、真面目に職業資格証書を取って日本へ来る中国人コックも多いんですよ、という宣伝(?)の投稿でした。 





| 1/1PAGES |