links

categories

archives

不許可に納得いきません。どこに訴えたらいいですか

 

「行政不服審査制度をご利用ください」(政府広報サイト)

http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201605/1.html

 

裁判だと時間や手間がかかるから、もっと簡単に市民が不服を訴えて、行政の不公正さや不正確さを正せるようにという目的で、行政不服審査制度ができています。

 

ただ、私の主要業務である外国人の出入国と帰化に関する手続きは、行政不服審査制度の対象外となっており、不服がある人はいきなり裁判所へ行政訴訟を起こさなければいけません。つまり、在留資格の審査や帰化審査に関する不服を訴えるには弁護士に頼んだりして裁判することになります。収入の少ない人は、無料相談や弁護士費用の立て替えサービスのある「法テラス」に相談してみてください。

 

法テラス
http://www.houterasu.or.jp/madoguchi_info/index.html

 

   □   ■

 

ところで、私はこのたび、「特定」行政書士という資格を取得しました。

 

行政書士というのは、役所へ出す許認可申請などの書類を作成・申請代理できる資格職業です。

 

それに加えて、自分(行政書士)が受任した申請業務の結果に対して、行政組織に不服審査を申し立てをするときの代理や書類作成もできるようになりました。このように、不服審査の申し立て手続きもできる行政書士のことを「特定行政書士」と呼びます。

 

行政書士(全国で約4万人)のうち、一定の研修を修了して試験に合格した人が特定行政書士となれる仕組みで、現在は約3千人(全行政書士の7.5%程度)が特定行政書士となっています。

 

特定行政書士受験のための勉強をする中で、「不服審査制度は市民が権利を主張できるすばらしい制度なのに、その割には利用されていない」という現状がよくわかりました。

 

窓口に怒鳴り込む、というのも不服の表明の一つの方法ですが(笑)、それより「不服審査を申し立てしますよ」と冷静に言い渡す方が、職員にとっては動揺が大きいし、行政組織の健全化に役立つ、ということも分かってきました(笑)。

 

私がよく使っているのは、行政相談ですけどね。これも結構、効果があります。

 

インターネットによる行政相談(総務省)

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/soudan.html

 

 

蛇足ですが、政府や行政の強引な法解釈や立法(安保法や、憲法9条の解釈に関する閣議決定など)を見ていても、こういうことが横行するのは、個々の市民が少々声をあげても大したことない、という態度で「なめられた」結果なのでは、とも思います。

 

 私たちが社会の主役であるならば、声をあげ続けるというのも、私たちの仕事のひとつだと思うのです。そのためにわざわざつくっているシステムが、不服審査制度です。この制度を通して、民主主義に血を通わせたいものです(と、志は大きい)。

 

   ■   □

 

 

出入国・帰化手続きの大半は行政不服審査の対象外なので、私が仕事として不服審査を申し立てる機会はあまりないだろうと思います(難民申請に関する不服申し立てはできますが)。それでも、この制度を周知して利用しやすくするよう、広めていくことができればと思っています。

 

外国人に関する手続きも不服審査の対象となるように国会に働きかける、という手はあるかもしれませんけどね〜。そうしたら私も忙しくなるな〜(笑)。

 

 


機密書類を破砕処理しました 2016その2

 

 

 事務所の個人情報書類などを、破砕&リサイクル処理してもらいに行きました。7月にも処分したばかりですが、今年は積年の書類が不要になったりして、また処理が必要になったのです。

 

 処理が終わったとたん、その書類に関係するお客さんから「まさかの再依頼」の電話があったりして、ちょっと冷や汗もかきました。まあ、何とかなるでしょう。新規案件だと思って、気持ちも新たに取り組みます(笑)。

 

 


ADR調停研修@岡山 2016年12月

【ADR調停に興味のある方へご案内】

岡山・倉敷メディエーション研究会 第4回公開研修会

講師:レビン小林久子先生
演題:基本スキル再確認〜基礎編の仕上げに向けて〜
...
12月10日(土)12−16時半
岡山県倉敷市阿知1丁目7−1−603号(天満屋倉敷店6F)倉敷市男女参画推進センター
受講料:5000円
申し込み締め切り:12月3日
申し込み:(上のチラシをご覧ください)


非常勤外国人講師の保険加入に関する通知

今、私は行政法の勉強をしているんですが、外国人に関するこんな訴訟があり、興味を持っていました。

 

「語学学校ベルリッツの外国人語学講師(40分×週35レッスン担当)が、労働時間の減少を理由に厚生年金保険加入資格を喪失。これを不服として資格確認請求をしたが却下され、これに対する審査請求、再審査請求も棄却されたので、却下処分の取り消しを求めて提訴」

 

http://www.ak-law.org/news/1678/

 

そして、判決は勝訴(保険加入資格を認める)でした。

 

でも、完全に勝っているわけではありません。争点のポイントのひとつとなった


 (1)「語学学校に雇用される外国人講師係る健康保険・厚生年金保険の適用について」(課長通知)は適法


 という判断について詳しく知るため、この通知を実際に取り寄せてみました。

 

https://dl.dropboxusercontent.com/u/36156246/050519intlteaherTuchi.pdf

 

 

通知には、「勤務時間の安定しない外国人非常勤講師の健康保険・年金への加入を認めるかどうか」の判断基準が書かれています。

 

大まかにいうと「まず常勤の『外国人講師』に比べて労働時間がどれくらい短いかで判断してください。その学校に外国人の常勤講師がいなければ、常勤日本人職員の労働時間と比べて判断してください」という指示です。

 

この時点で、私はあれ、と思いました。労働時間を比べるのに、なんで外国人労働者同士「だけ」で判断するのかな。どうして最初から日本人と同じ基準じゃないの? という素朴な疑問です。

 

よく考えれば、通知の表題(語学学校に雇用される外国人講師係る健康保険・厚生年金保険の適用について)も疑問です。なぜ外国人講師「だけ」、保険適用の判断基準を示す必要があったのかな。日本人講師も勤めているはずなのに。

 

裁判所では、この通知は「適法」と判示されています。うーん、分からない。意味もなく外国人の保険適用範囲と日本人の適用範囲を分けて扱うのが、適法なんだろうか。

 

 


在留資格「介護」って、もうできているんですか?

 まだできていません(笑)!(2016年7月25日現在)

 

 お客様から、『「介護」の在留資格を取れば介護の仕事ができるという噂を聞いたのですが』と相談を受けました。

 

 そういえば、確かに「介護」という在留資格を新設するという法改正案が、2015年1月〜9月(第189回)の国会で提出されました。

 

在留資格「介護」(新設)

本邦の公私の機関との契約に基づいて介護福祉士の資格を有する者が介護又は介護の指導を行う業務に従事する活動

 

 ところがこの年は、かの安保法制の成立を巡って世論も国会も大揺れした年で、安保法以外の法律がいくつも成立せずに流れてしまいました。実はこの入管法改正案も一緒に流れてしまい、成立しなかったんです。

 

 2016年1月〜6月(第190回)の国会にも法案は出されたのですが、やはり時間切れで「継続審議」となりました。

 

http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/gian/190/meisai/m19003189031.htm

 

 ということで、本日入管にも電話して、まだ在留資格「介護」はないよ、ということを確認しました。

 

 ちなみに、どうやったら介護福祉士の資格を取れるかについても、(公)社会福祉振興・試験センターのサイトで見てきました。

http://www.sssc.or.jp/kaigo/shikaku/route.html

 

これは介護福祉士になるまでのルートを示した図です。

実務経験ルートは無理として、福祉系の大学、専門学校で学ぶ道へ入るしかないようですね。

 


機密書類をリサイクルしました2016

 

 今年もリバースプラザさんで機密書類の破砕処理をお願いしました。お客様の個人情報よ、さようなら…。

 

 ちょっと機密書類の重量が増えているのは、私も成長しているからかと思ったら、さにあらず。長年のお得意様の仕事が終わって、保管していた書類を大量に廃棄したからなのでした。


野党共闘って効果あったんですか?(岡山編)

 

 岡山では、野党共闘を応援する市民団体「おかやまいっぽん」が、民進党の公認候補を野党統一候補として応援していました。結果は、次のようなものでした。

 

自民党公認候補 小野田紀美さん 得票数437,347票 得票率55.56%
 民進党公認候補 黒石健太郎さん 得票数329,501票 得票率41.86%
投票率 50.86% (前回48.88%、前々回56.97%)

 

この結果について、おかやまいっぽんは次のように分析しています。

 

「比例区(岡山選挙区)においては民進党の得票数が15万票ですから、選挙区において33万票を得られたという結果は「野党共闘」の効果が一定数あったと言えます。しかし、相手候補とは10万票もの差があり、「野党共闘」の効果は一定程度しかなかったとも言えます。
 特に投票率の低さに関しては、わたしたちが今後取り組まなければならない大きな課題として捉えています」

https://www.facebook.com/okayama1pon/

 

 これに加えて、私はいくつか野党共闘を支援した効果を感じました。

 

1) 地方の野党同士の協力関係ができた

 

 これ、ありそうでなかったんだそうです。今回だって、実は一筋縄ではなかったそうです。ある党の人は野党共闘ができた理由を「市民団体が接着剤の役割を果たしたから」と評価していました。「○○党とは昔からのわだかまりがあったが、今回は一緒にできてよかった」と、昔の関係を修復するきっかけになったようでした。政党ではなく「無所属の市民」だったからこそ、これができたんだなと思います。

 

 選挙は1度限りのものではありません。継続してこそ大きな目的を果たせるのだとすれば、今回はいい「基盤づくり」ができたのではないかと思います。

 

2) 自民党の中に、安倍派への対抗勢力が育つ機運ができた

 
 これは個人的な感想です。予想していなかったので、面白いなと思いました。選挙後、「大勝」とは言わなかった谷垣さんの微妙な言動が、今の自民党の緊張感を表しているようでした。

 

 よく考えれば、自民党が長期にわたって政権を取れたのは、常に党内で右から左までバランスが拮抗した状態を保ち、リベラルも保守もある程度取り込んでこられたから、という事実があります。そうやって幅広い信頼を得てきた「貯金」を、結構大きく取り崩しながら延命しているのが安倍政権ではないかと私は思っています。


 今回の野党共闘の大きな動きを見て、自民党の中でも、安倍路線と距離を置いてバランスを取ろうとする人たちが、何か大きく背中を押された感じがしたのかもしれません。市民は、意外に政党や政治家を見えないところでも支えているんだなと思いました。

 

3) 政治への不満が解消できた


 私が動いて分かったのは「座って不満や不安を言い続けるより、動いた方が気持ちが楽になる」ということでした。勝つか負けるかという結果よりも、自分の気持ちを社会に向けて行動で表現してみた、という達成感が心地よかった。これ以上私にできることはない、という気持ちになると、不満もあまり出てこなくなりました。

 

4) 政治に対して謙虚になった

 

 動かない、動けない人ほど、不満や文句が多くなる。それは相手に依存し、自分は動かないのに相手が何かしてくれることを過剰に期待しているからだと思います。そういう自分の有権者としての「依存した部分」が少しなくなり、私の代わりに政治を行ってくれる人たちに対して素直に尊敬し、感謝する気持ちが出てきました。

 

以上、いろいろいい効果があったと思います。私も仕事との両立が課題として残りました。無理しないで、できるときだけでいいから、息の長い活動として政治に関心を持ち続けていきたいです。


政治を変える、生活を変えるということ

 

 あす(10日)は参議院議員選挙です。

 

 私は今回、野党共闘の選挙支援グループ「おかやまいっぽん」のイベントとして、初めて街頭での投票呼びかけをしてみました。本当は電話かけとかポスティングとかウグイス嬢とか(笑)、ほかにもやることはたくさんあったと思いますが、本当に仕事と掛け持ちでできることには限界があります。

 

 思ったのは、こんなことでも本当にしんどい仕事だということ。朝の30分街頭に立とうと思ったら、気持ち的に、そして移動時間として前後の1時間は時間を取られるし、体力のない人(私)は疲れが残るし、仕事脳への切り替えもうまくいかなかったり。連日やれば、疲れもたまる。

 

 多くの人が交代でしないと、仕事や生活と両立するのは難しい、と思いつつも、参加する人は多くなく(街頭での呼びかけは1か所で5〜15人程度)、しかもかなり同じ人が連日立っています。やはり以前から政党や組合などで活動を続けている中高年の方々が、安定した気力と継続力を見せていました。

 

 やってよかったのは、やはり直接人からの反応をもらえることでした。最後はイオンモール岡山付近で呼びかけをしましたが、ここでは私たちのプラカードを見て「あ、投票日もう今週?」とか「私17歳だから〜」とか、通り過ぎながらそういう世間話をしてくれているのが聞こえてきます。

 

 そうやって通行人の反応に一喜一憂しながら、選挙運動って、意外に孤独なんだなと思いました。無関心を装った多くの人たちにアプローチしていくんだけど、自分たちが浮いた存在にならないように、一生懸命相手に歩み寄っていく(物理的にじゃなくて気持ち的に)。まず私の主張より、通勤する人たちのしんどさや、幼児を連れて雑踏を歩く親たちのしんどさに寄り添っていくことが大切なんだとも思いました。

 

 当の政治家は、私たちよりもさらに連日声を出し、長短さまざまな講演を1日に何度もこなして、握手しにいき、運動員の労をねぎらい、本当に頭が下がります。どの政治家も、すばらしいと思います。私は、政治家に頼りすぎていたのかもしれないと思いました。

 

 結果は分かりませんが、私はできることをやったという気持ちです。もし投票に行っていない人がいたら、ぜひ行ってみてください。真面目な政治家の人たちはみな、みなさんが投票に行くことを願っていると思います。

 


実習生と時給の話

東京の入国管理局へ問い合わせをして、本日、返事を電話でいただきました。

 

私「技能実習生の給与は、月給【毎月一定額を決めて支払う】じゃなくて時給【時給ベースで毎月集計して支払う】でもいいんですか」

 

入管「入管法上は問題ありません。ただ、ほかの(日本人)従業員との待遇の違いがある場合は、(不正行為の可能性について)確認が必要ですね」

 

私「例えば祝日の多い月は給料が減ったりしても、いいんですか」

 

入管「祝日の少ない月もあるでしょうから、年間通じて一定の水準(最低時給、労働時間、社会保険などのことかな)があれば(各月の増減は)問題ないということです」

 

私「会社の事情で労働日が減ったりしたら」

 

入管「ええ…」(何となく会話終了)

 

… … …

 

もっと突っ込んで聞けばよかったでしょうか。とりあえず、現状の入管の見解を確認しておきました。


これなら分かる自民憲法案

憲法の話は、本当に難しい。今回の選挙の争点だけど、ぱっと一目で分からないのがつらいところ。

 

今の憲法と自民党憲法案って、何が違うの? と思ったとき、私自身もぱっと一目で問題点を説明しにくかったんですが、すごく分かりやすい比較サイトがつくられていました。

 

「Wordの履歴機能で、自民党が変えた憲法を見てみる」

WEB版

http://editorium.jp/kenpo/const.html

PDF版

https://dl.dropboxusercontent.com/u/36156246/kenpo_jimin-souan.pdf

 

現憲法を、どういう意図で変えようとしているのか、何を削り、何を加えようとしているのか、が目に見えてすっきり。憲法草案が自らその正体を語ってくれるという、粋なアイデアです。

 

合わせて、「自民憲法下の日本」をシミュレーションした小説(ホント短い)も読むと、面白いです。

http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/13404

 

 


| 1/50PAGES | >>